トップページ辞書 ポケ辞書機能レスポンス広告のツボ売れる広告の秘訣図解クリエイティブ・マニュアルレスポンス広告の現場DM 検定

 

 ポケ辞書機能

 スキルアップ講座別索引
レスポンス広告のツボ
売れる広告の秘訣
企画書づくり
クリエイティブマニュアル
ツボ検定
 五十音別索引
 要素別プランニング検索
 アプローチ別企画索引
 機能別テクニカル検索
 媒体別クリエイティブ検索
サポートサービス
コンサルティングサービス
クリエイティブサービス
セミナー・研修サービス
サービス料金のご案内
クリエーター募集

お問い合わせ


リンク/Link

有田 昇著「売れるDM指南」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京商工会議所
「ビジネスモール」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
公益財団法人
さいたま市産業創造財団

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学校法人 日本プリンティングアカデミー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  レスポンス広告とダイレクトマーケティング 【Step1基礎編】

 ダイレクト検索機能により、本文中のブルーの専門用語クリックすると小窓(ブラウザウィンドウ)が現れ用語をダイレクトに調べることができます。
レスポンス広告は、標的市場からダイレクトにレスポンス(反応)を獲得することを目的とする広告媒体です。言い換えれば、「売上を上げることができる強力な手段」であると言えます。
■現在広告業界では、レスポンス広告の出稿比率は一般の広告を超えるぐらいの割合となっています。顧客リストによって集客用のハガキDMや折込チラシなどで売上を確保している美容院、ガソリンスタンドなどさまざまな商店をはじめ、各種学校、通販企業、自動車販売会社などがレスポンス広告予算として使っています。
■レスポンス広告媒体としては、来店促進のためのハガキや商品・サービスの購入、資料請求申込みの封書によるダイレクト・メール(DM)、また新規のお客様を獲得するための新聞広告や新聞折り込みチラシなどがあります。電話やFAX、その他テイクワンタクシーアド、インターネット・携帯電話によるアプローチなどもあります。これらオン・オフラインを融合して有機的かつ効率的なクロス・メディアによるダイレクトの販売手法がダイレクトマーケティングと呼ばれています。ダイレクトマーケティングは、広義には店頭プロモーションも含まれますが本サイトではレスポンス広告の各種媒体に焦点を合わせご紹介しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本章を映像でわかりやすく解説した
DVD もご用意いたしました。
見るだけでしっかり基本がわかる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レスポンス広告
≪スタートアップ入門編≫

詳しくはコチラから≫≫≫

  レスポンス広告のツボ「10」 (詳細はクリックで!)

レスポンス広告には、「売上を上げる」という目的があります。しかし、どのようにして売上を上げるのか、またどのような目標を設定したらよいのかなど、明確な「目的と目標」を設定することが重要な戦略要素となります。
   レスポンス広告媒体の種類(What)
レスポンス広告戦略として、販売計画に応じた広告媒体形態と方法が実施計画の中枢となります。ターゲットにあわせた媒体選びと予算に応じたチャネルも考慮しなければなりません。
   ターゲットの設定(Who&Where)
レスポンス広告では、企業の大切な資産である「顧客(リスト)」をどのようにして活かすかが大きな課題となります。そこで、「顧客の見直し」を行なうことで、新しいアプローチが生まれることもあります。
   テスト・マーケティングとロール・アウト(How)
唯一、広告の中でテスト・マーケティングが出来るのはレスポンス広告しかありません。媒体テスト、リストテスト、オファーテストなど様々なテストを行いレスポンス・レート(率)の高い媒体を選び、ロール・アウト(本番)につなげます。
   媒体のリリースとタイミング(How&When)
レスポンス広告には、発送やリリーにいくつかの方法があります。1回で申込みや注文が完結する「1(ワン)-ステップ方式」と資料を送ったり営業マンや電話を使う2回で完結する「2(ツー)-ステップ方式」があります。
   パートナー(取引業者)の選び方
レスポンス広告は、一般の広告とは異なることから専門業者もいます。企画・制作にかかる作業から特殊印刷、さらにDMに必要なレターショップなど、いろいろな取引業者を選定する必要があります。
   プランニング(企画)
レスポンス広告を実施する前に必ず行なわなければならないのが、戦略立案です。レスポンス広告では、戦略として目的・目標そしてターゲットを明確にした上で戦術へと落とし込みます。
   クリエイティブ
レスポンス広告をつくるには、デザイナー、コピーライター、またカメラマンなどのクリエイターが、専門クリエイターは多くはいません。しかし、クリエイティブのコツを知ってさえいれば正しい方向のレスポンス広告はつくれます。
   結果分析
売上、広告総費用、仕入、人件費など、ほとんどの経費や利益が数値化されるのもレスポンス広告だからこそできるのです。結果分析から販売予測など、指数を使ってマネジメントを行なうことができます。
   法規制関連
法規制
個人情報保護法の施行に伴い、プライバシーマークの取得や実務としての公正取引委員会管轄による景品表示法や薬事法など、具体的な運用などがレスポンス広告には必ずといって関係してきます。