トップページ辞書 ポケ辞書機能レスポンス広告のツボ売れる広告の秘訣図解クリエイティブ・マニュアルレスポンス広告の現場DM 検定

 

 ポケ辞書機能

 スキルアップ講座別索引
レスポンス広告のツボ
売れる広告の秘訣
企画書づくり
クリエイティブマニュアル
ツボ検定
 五十音別索引
 要素別プランニング検索
 アプローチ別企画索引
 機能別テクニカル検索
 媒体別クリエイティブ検索
コンサルティングサービス
既存媒体の分析から新たな改善プランニングまでのご提案をいたします。
クリエイティブサービス
レスポンスを上げる各種媒体のクリエイティブをお手伝いいたします。
セミナー・研修サービス
初級から上級編まで、レベルに合わせてお選びいただけます。セミナー・講演実績も掲載しています。
サービス料金のご案内
上記3つのサポートサービスの料金概要一覧表です。参考にご確認ください。
クリエーター募集

お問い合わせ

ご意見やご質問など、お気軽にご連絡ください。

リンク/Link

有田 昇著「売れるDM指南」
東京商工会議所「ビジ伝」


  媒体のリリースとタイミング

 ダイレクト検索機能により、本文中のブルーの専門用語クリックすると小窓(ブラウザウィンドウ)が現れ用語をダイレクトに調べることができます

リリースとタイミングレスポンス広告媒体には、発送・リリースの方法とタイミングがあります。「発送・リリース」とは、広告媒体の「出し方の方法」です。また「タイミング」とは、季節ごと、毎月、特別な日(中元、歳暮、誕生日や記念日など)、曜日など、広告媒体を出す最適な時期を言います。レスポンス広告媒体を出してはいけない時期と、出すのに相応しい時期があります。このタイミングをうまく利用して独自のプログラムを作ることができます。

 ◆発送・リリースの方法

(1)1ステップ方式
   「1(ワン)ステップ方式」は、一度だけの広告媒体で商品や・サービスの申込み・購入などのアクションで完結する場合に使われます。新聞・雑誌・折込チラシなどのます媒体では、地域ごとのテスト・マーケティングとして採用しているところも見受けられます。特にDMの場合は、「1ステップDM」といわれています。
(2)2ステップ方式
   「2(ツー)ステップ方式」は、レスポンス広告媒体を出す目的が「1ステップ方式」とは異なります。主に「見込み客」の獲得に多く使われます。資料請求やアンケートによるオープン懸賞(スゥィープ・ステークス)などとの組み合わせで実施されています。また営業活動の支援策としての活用もできます。新聞やDMの各種媒体を出して見込み客を囲い込み、1週間後に営業マンやコールセンターによって「テレマーケティング」を行なう方法もかなり普及しています。
(3)シリーズ方式
    ・シーズンごと、また定期的に媒体を出す方法(マス媒体・DM向け)
       ※新規顧客獲得のための特定地域内での定期的・継続的な媒体のリリース
       ※既存顧客へのコミュニケーションプログラム  など
    ・既存会員更新や新規顧客の獲得を目的とした3ステップDM
       1)事前告知ハガキ(APC)を発送
       2)約1週間後に、本体DMの発送
       3)約1週間後に、事後確認ハガキ(FUC)を発送
       ※APC・FUCの制作ポイントは、「実戦レスポンス広告」の「ハガキDM」コーナーで紹介しています。
    ・既存顧客へのコミュニケーション媒体として年間計画によるシリーズDM
       1)ウェルカム・パッケージ
       2)アトリッション・パッケージ
       3)ジンジャー・パッケージ
       4)プレリニューアル・パッケージ
       5)リニューアル・パッケージ    ※以降2)以下のパッケージで、既存顧客の活性化を図る。

 ◆タイミング

(1)広告媒体を出しても効果がないとされる時期
「年末年始休暇・ゴールデンウィーク・お盆休み」などの大型連休
※これらの休暇期間は忙しいだけでなく個人の事情も手伝い、家や会社などを不在にする割合が高いとされています。もちろんレスポンスも下がる傾向にあります。
(2)広告を出すのに適した時期
ボーナス前3〜4週間前  ※ボーナス前の3〜4週間前前ぐらいになるとボーナスの期待がふくらむ時期
セールやキャンペーンの実施時期3週間程度前
※主に集客を狙う場合の新聞やDMは3週間前後のリリースや発送が最適タイミングです。また、折込チラシなど地域店舗での土日集客の場合には、週の平日(当日朝刊、前日朝刊)にリリースすると効果的です。
法人向けは月曜日に必着  
※会社関係は、月曜に大体会議を含めすべての資料等の確認などされています。このタイミングでDM発送やマス媒体のリリースを行なうことで目に付く確立が非常に高くなります。
個人向けは、木曜日もしくは金曜日必  
※どこのご家庭でも郵便物は土日にゆっくり確認しています。そのタイミングをはずさないでDMを送ると開封率も上がりレスポンスへ跳ね返ってきます。
特別な日
※お誕生日や記念日、また一般的には中元、歳暮などが「特別な日」とされています。誕生日や記念日など、ホテルや飲食店保険会社、車・住宅関連などなど生活に密着した手法として幅広く使われています。その他、既存顧客へのパーソナルなご挨拶状の年賀状や暑中見舞いなどは、コミュニケーションの手段としては効果の高い手法です。某外資カード会社などでも超優良顧客への年賀状として特別な「グリーティング・カード」と陶芸家の数量限定オリジナルの「湯のみ」を年末にお送りしていたということもあります。