トップページ辞書 ポケ辞書機能レスポンス広告のツボ売れる広告の秘訣図解クリエイティブ・マニュアルレスポンス広告の現場DM 検定

 

 ポケ辞書機能

 スキルアップ講座別索引
レスポンス広告のツボ
売れる広告の秘訣
企画書づくり
クリエイティブマニュアル
ツボ検定
 五十音別索引
 要素別プランニング検索
 アプローチ別企画索引
 機能別テクニカル検索
 媒体別クリエイティブ検索
コンサルティングサービス
既存媒体の分析から新たな改善プランニングまでのご提案をいたします。
クリエイティブサービス
レスポンスを上げる各種媒体のクリエイティブをお手伝いいたします。
セミナー・研修サービス
初級から上級編まで、レベルに合わせてお選びいただけます。セミナー・講演実績も掲載しています。
サービス料金のご案内
上記3つのサポートサービスの料金概要一覧表です。参考にご確認ください。
クリエーター募集

お問い合わせ

ご意見やご質問など、お気軽にご連絡ください。

リンク/Link

有田 昇著「売れるDM指南」
東京商工会議所「ビジ伝」


 新聞全5段・半5段広告レイアウト見本

新聞全5段・半5段広告
 ダイレクト検索機能により、本文中のブルーの専門用語クリックすると小窓(ブラウザウィンドウ)が現れ用語をダイレクトに調べることができます
 

新聞広告 全5段と半5段広告の留意点

POINT(1) 全5段広告
このタイプの新聞広告はレスポンス広告の中ではかなり利用度の高い広告スペースとして使われています。健康食品、コスメ、産直、ジュエリーなど利用通販企業もさまざまな業種が出稿しています。訴求内容は、どんな業種の商品やサービスでもほとんど変わりはありませんが、全5段の決まったスペースの中で他社との差別化をするためにはさまざまな工夫をしなければなりません。保証書による商品価値を高めたり、お客様の声を特集したり、素材・原料をフォーカスしたり、また特典を前面に出したり、あらゆる方法が可能です。
POINT(2) 半5段広告
全5段広告の半分のスペースのため情報量は限られますが十分にレスポンスを取ることは可能ですので必要最低限のポイントだけはしっかり押さえておきたいものです。上図の見本のアイ・ライン・フロー(視動線)は全5段がZ型、半5段がN型としてあります。キャンペーンタイトルからキャッチコピーにかけて大きく目立たせ商品の写真へと目の動きが変わります。さらにベネフィットからハウツーオーダーへと異動し全体像が把握できることになります。最後のハウツーオーダーで、その場でFAXや電話で申込みができるのであれば、即行動につながる可能性も高まります。「ハウツーオーダー」の位置はさまざまです。上図は下部につけてありますが、左右上下でも問題はありませんが、N型・逆N型・T型・Z型などのアイ・ライン・フロー(視動線)を考慮してレイアウトする必要があります。
POINT(3) その他の重要ポイント
一番の注目ポイントはキャッチコピーにあります。キャッチコピーを縦書きにし注目度を上げる方法も効果的なレイアウトです。「プロブレム&ソリューション型」や「ベネフィット訴求型」また「素材強調の満足保証型」など商品やサービスをどのように伝えるのかが売れる広告つくりのポイントになります。商品やサービスのイメージ写真の脇には角版の写真も付け加えたほうがよりシズル感が出ます。角版の写真にはキャプションは必ず付けるように心がけてください。全5段の広告スペースは、かなりの情報量を掲載することができますが、気をつけなければならないことは、情報量が多すぎて「見易さ」「わかり易さ」を失っては何もなりません。ある保険会社が情報量の多い広告と少なく情報量を少なくした広告の両者でクリエイティブ・テストをした結果、情報量の多い広告がレスポンスが高いという結果になりました。情報量が多い広告がレスポンスが高い結果になったわけですが、そこには「見易さ」「わかり易さ」が必要になります。


※レイアウト見本はパターンの一例ですので、参考にされている皆さまの独自のパターンを開発してみてください。