トップページ辞書 ポケ辞書機能レスポンス広告のツボ売れる広告の秘訣図解クリエイティブ・マニュアルレスポンス広告の現場DM 検定

 

 ポケ辞書機能

 スキルアップ講座別索引
レスポンス広告のツボ
売れる広告の秘訣
企画書づくり
クリエイティブマニュアル
ツボ検定
 五十音別索引
 要素別プランニング検索
 アプローチ別企画索引
 機能別テクニカル検索
 媒体別クリエイティブ検索
コンサルティングサービス
既存媒体の分析から新たな改善プランニングまでのご提案をいたします。
クリエイティブサービス
レスポンスを上げる各種媒体のクリエイティブをお手伝いいたします。
セミナー・研修サービス
初級から上級編まで、レベルに合わせてお選びいただけます。セミナー・講演実績も掲載しています。
サービス料金のご案内
上記3つのサポートサービスの料金概要一覧表です。参考にご確認ください。
クリエーター募集

お問い合わせ

ご意見やご質問など、お気軽にご連絡ください。

リンク/Link

有田 昇著「売れるDM指南」
東京商工会議所「ビジ伝」


 新聞全15段広告レイアウト見本

 ダイレクト検索機能により、本文中のブルーの専門用語クリックすると小窓(ブラウザウィンドウ)が現れ用語をダイレクトに調べることができます
 

新聞広告 全15段広告のバリエーション

POINT(1) 記入例付き
ハウツーオーダー」の位置が上部にレイアウトされていますが、下部にレイアウトされている場合もかなりあります。ここではハウツーオーダーのデザイン・レイアウトの基本でもある「見易く」「わかり易く」がポイントになります。また、商品点数をできるだけ多く掲載するために「ハウツーオーダー」のスペースを大きく取らずに、ハガキ「記入例」を明記することでレスポンスを上げようとする方法をとっています。商品点数が多い場合には書く商品にはそれぞれのキャッチ・コピーとリードコピーからスペックへとつなげます。商品の細かな説明はできるだけ省き、ポイントだけをダイレクトに伝えるインパクトのあるコピーが必要となります。通信販売の場合、商品を手に取ることができないため写真はできるだけ大きくレイアウトしますが、その他に角版といわれる部分カットや素材の拡大写真も多用することもあります。紙面全体として、「見易さ」「わかり易さ」がすべての基本となります。
POINT(2) 返信用ハガキ付き(1)
「ハウツーオーダー」:返信用ハガキをつける方法もあります。かなりオーソドックスですが、それだけ効果が期待できるということになります。この方法は、@必要事項を記入欄に書き込みAハガキよりひと回り小さな点線に沿ってハサミで切り取りB不要なハガキなどの台紙に貼り付けてC返信するタイプです。「ハウツーオーダー」の中で記入例が大きく目立つことから「書き易さ」は一段と向上します。また、記入した部分だけをFAXで送信できるような仕掛けをつけ、アクション・コピーアクション・デザインでさらに申込みを促すテクニックも盛り込むこともできます。「ハガキ記入例」では多数の商品がある場合を例にとりましたが、数点の商品やサービスの場合には、紙面全体を表現するためのキャッチコピーとリードコピーがポイントになります。提供している商品やサービスのベネフィットにつながるキャッチコピー、またDMのブローシャーのようにベネフィットを列記することがポイントとなってきます。レイアウトでは、キャッチコピーとリードコピーそしてベネフィットからスペックへとアイ・ライン・フロー(視動線)を考慮したうえでレイアウトします。紙面が大きいため「お客様の声」を特集したりさまざまな素材、原料のデータのイラストや図表で説明することもできます。産直などでは、地元の現場の写真や価格訴求のための流通プロセスを丁寧に細かく説明することもよく見かけます。商品やサービスのよさを伝えるためのあらゆる手段で表現することが必要となります。
POINT(3) 返信用ハガキ付き(2)
通信販売でよく見かける記事広告といわれる商品販売広告形態です。聞き手と利用者、特に著名な人物との対談形式で商品やサービスのベネフィットを記事的に読み物風にして注目度を高め広告効果を出そうとする手法です。中央下部には本来の商品やサービスがレスポンス広告として掲載されます。ハウツーオーダーのBRC(返信用ハガキ)は、@の場合と異なり点線に沿ってハサミで切った後薄い新聞紙を折り返して糊付けにして、ハガキとしてそのまま投函させる方法を取っています。


※レイアウト見本はパターンの一例ですので、参考にされている皆さまの独自のパターンを開発してみてください。