トップページ辞書 ポケ辞書機能レスポンス広告のツボ売れる広告の秘訣図解クリエイティブ・マニュアルレスポンス広告の現場DM 検定

 

 ポケ辞書機能

 スキルアップ講座別索引
レスポンス広告のツボ
売れる広告の秘訣
企画書づくり
クリエイティブマニュアル
ツボ検定
 五十音別索引
 要素別プランニング検索
 アプローチ別企画索引
 機能別テクニカル検索
 媒体別クリエイティブ検索
コンサルティングサービス
既存媒体の分析から新たな改善プランニングまでのご提案をいたします。
クリエイティブサービス
レスポンスを上げる各種媒体のクリエイティブをお手伝いいたします。
セミナー・研修サービス
初級から上級編まで、レベルに合わせてお選びいただけます。セミナー・講演実績も掲載しています。
サービス料金のご案内
上記3つのサポートサービスの料金概要一覧表です。参考にご確認ください。
クリエーター募集

お問い合わせ

ご意見やご質問など、お気軽にご連絡ください。

リンク/Link

有田 昇著「売れるDM指南」
東京商工会議所「ビジ伝」


 セルフメーラー(定形/定形外共通)・レイアウト見本

                                                               
セルフメーラー展開例
 ダイレクト検索機能により、本文中のブルーの専門用語クリックすると小窓(ブラウザウィンドウ)が現れ用語をダイレクトに調べることができます
 

各ページのチェックポイント

POINT(1) ドラマタイゼーション
「簡易一体型封書DM」のセルフメーラーは、3方のミシン目を切り取るとページものの冊子になります。表紙(表1)から始まり裏表紙(表4)までのストーリー展開、「ドラマタイゼーション」の演出が一番重要な要素となります。表紙のティーザーで開封し、見開きのレターやキャッチコピー、リードコピー、そしてイメージ写真などで興味を起こし本文へ目を通してゆき、欲しい商品やサービスを探しあて、申込書に書き込み投函するまでの一連の行為を促すことがこの「ドラマタイゼーション」の大きな役割となります。
POINT(2) 表紙(表1)面
上部の宛名は、宛名ラベルの貼付、ダイレクト・プリント(印字)、または窓から宛名面が見える3タイプがあります。定形封書タイプも定形外封書タイプも、表紙の表記は通常の外封筒やハガキのオモテ面とほぼ同様の表記内容となります。デザイン面では、「簡易一体型封書DM」のため比較的オフィシャル感より商品・サービスよりの華やかなデザイン処理が多く見受けられます。ティーザーは、商品やサービスによって異なりますが、オファーをティーザーに使うほか、縦組みで使ったり、また「○○地域にお住まいの皆さまへ特別なお知らせです」のように地域限定のパーソナライズしたティーザーとしても注目度を高める方法といえます。デザイン面では、宛名部分以外のスペースを写真やイラストでインパクトのあるデザインをすることもできますが、「オフィシャル」表現が開封率を上げる条件の一つであることから、デザイン処理の工夫が必要となります。また、開封を促すアクション・コピーとして3方のミシン目わきに「ミシン目にそって一度折り目を付け、切り取ってください。」の表記は、必ず記載します。
POINT(3) 裏表紙(表4)面
裏表紙面では、商品やサービスのイメージカットで企業イメージを高めたり、地図などのイラストで企業規模を表現したりすることもできます。通信販売などでよく見られるのが、ソロ・メール(DM)など単品DMの場合、商品写真とともにキャッチコピーやリードコピーを大きな見字でインパクトのアル表現などをする場合もあります。一方金融機関などのオフィシャル(公的(なイメージのDMは、ウラ面はほとんど使わずに白地を多く取り支店所在地などを列記するだけの場合もあります。
POINT(4) 見開きページ
表紙を開けると見開きページが表れます。この見開きページの使い方は、業種や商品サービスによって異なります。共通表記項目は「レターまたはメッセージ」「キャンペーンタイトル」「オファー」「デッドライン(有効期限)」そして「ベネフィット」は必ず記載します。また「ハウツーオーダー」へのリードコピーなどを使うこともあります。
見開きページのデザイン・レイアウト例として、
(1)メイン商品・サービス(1〜2点)を見開き2ページで大きく扱う。
(2)イメージや写真素材写真を背景に使い、キャッチコピーリードコピーで商品やサービスの品質をメッセージとしてを伝える。下部にメイン商品数点のカットやサービス項目を価格と共に表記。
(3)ページが多い場合などは、わかり易さや商品サービスの探し易さのための「インデックス(目次)」を記載。
などの表記方法があります。
POINT(4) 以降の中ページ
商品やサービスを「見易さ」「読み易さ」「わかり易さ」をポイントにレイアウトします。特に商品点数が多い場合やまた、サービス内容が複雑な場合は、カラーリングで「見易さ」を表現することができます。さらにページごと、あるいは商品・サービスごとに「お客様の声」をテスティモニアルとしてレイアウトすることでより商品・サービスの説明をすることができます。各ページの最下部に帯を付け、フリーダイヤルやフリーFAXなどを記載し「詳しくは巻末をご覧ください」と、ハウツーオーダーへリードすることも効果的な方法です。
POINT(5) 申込書
申込み面で記載する項目は、「申込書」と「ハウツーオーダー」および「記入例」が中心となります。
(1)申込記入欄
表組みにして、お客様記入欄以外は地色を引くなどして「見易さ」「書き易さ」をポイントに作成します。シーズン商品は「中元」「歳暮」の熨斗や「お祝い」などのサービス項目のチェック欄もつける工夫をします。また、記入し易いようにチェックする方法や数量だけの記入方法がレスポンスを上げるコツです。オファーなどの商品やサービスなどは、できるだけ目立つように明記します。
(2)ハウツーオーダー
申込み方法の優先順位を考えてできるだけ大きなアイコンを使いながら「わかり易く」デザインすることが大切です。もう一つ大切な要素として「記入例」があります。この「記入例」を入れるか入れないかでレスポンスに影響する場合もあります。できるだけスペースをうまく使い、たとえ小さなスペースでも「記入例」は入れたいものです。また、無料配送オファーや商品・サービスの確認が取れない場合の緊急連絡表示など、必ず伝えなければならないことは小さな文字でも表記しておく必要があります。ハウツーオーダーの詳細は、1ページを使って記載しますが、申込みハガキ(BRC)や返信用ハガキ(BRE)の近くに項目だけの記載をしておくことも必要です。お客様が記入するのにいちいちハウツーオーダーのページを見直す必要が無くなり、記入し易くなります。大切なことは、何度も繰り返してもかまいません。
(3)商品一覧表:
ページのスペースに余裕のある場合は、お客様の控え用として商品一覧表も入れておくと便利です。お客様が購入した数点の商品やサービスを忘れてしまったり間違って覚えていたりするような事故を未然に防ぐこともできます。この一覧表は、本文でカラーリングのカテゴリーで商品やサービスが区分されている場合は、「見易さ」「選び易さ」「探し易さ」などの点から一覧表にも連動させたカラーリングで作成すると良いでしょう。


※レイアウト見本はパターンの一例ですので、参考にされている皆さまの独自のパターンを開発してみてください。