トップページ辞書 ポケ辞書機能レスポンス広告のツボ売れる広告の秘訣図解クリエイティブ・マニュアルレスポンス広告の現場DM 検定

 

 ポケ辞書機能

 スキルアップ講座別索引
レスポンス広告のツボ
売れる広告の秘訣
企画書づくり
クリエイティブマニュアル
ツボ検定
 五十音別索引
 要素別プランニング検索
 アプローチ別企画索引
 機能別テクニカル検索
 媒体別クリエイティブ検索
コンサルティングサービス
既存媒体の分析から新たな改善プランニングまでのご提案をいたします。
クリエイティブサービス
レスポンスを上げる各種媒体のクリエイティブをお手伝いいたします。
セミナー・研修サービス
初級から上級編まで、レベルに合わせてお選びいただけます。セミナー・講演実績も掲載しています。
サービス料金のご案内
上記3つのサポートサービスの料金概要一覧表です。参考にご確認ください。
クリエーター募集

お問い合わせ

ご意見やご質問など、お気軽にご連絡ください。

リンク/Link

有田 昇著「売れるDM指南」
東京商工会議所「ビジ伝」


 観音折りブローシャー・レイアウト見本

                                                                             
観音折りブローシャー
 ダイレクト検索機能により、本文中のブルーの専門用語クリックすると小窓(ブラウザウィンドウ)が現れ用語をダイレクトに調べることができます
 

表紙・見開き面の展開チェックポイント

POINT(1) DM折り
このタイプのブローシャーは、ほとんどが定形外封書でB to Bとして使われることが比較的多く見うけられます。しかし定形封書で使う場合には「A3サイズ2つ折り」コーナーでご説明したように、さらにDM折りをしなければなりませんので、重量を考慮してかなり薄い紙を使うことになります。このようなことから法人向けDMとして多く使われています。
また、 全てを開けて読んでもらうためにはこれからご説明する各ページの展開にかかってきます。ここでいう展開とは「ドラマタイゼーション」そのものです。表紙キャッチコピーから最後のハウツーオーダーまで、お客様の目が離れるようなことがあっては到底申し込みや注文までたどり着きません。
POINT(2) 表紙面
表紙面では、オファーと組み合わせたティーザーとキャッチ・コピーが大きな役割を担います。商品やサービスに関連したキャッチ・コピーには、「プロブレム&ソリューション型」や「ベネフィット訴求型」「情報提案型」などさまざまな方法があります(参照:「レスポンス広告の秘訣/オファー」)。
POINT(3) 見開き左面
表紙を開くと(3)と(4)の見開きの左右2面が現れます。左面では、表紙で訴求したオファーやキャッチ・コピーを異なった言い回しでビジュアルと共に商品やサービスの魅力を表現します。
POINT(4) 見開き右面
右面では、ベネフィットを箇条書きでわかり易くレイアウトすることで、見開き2面で商品とそのベネフィット、さらにオファーとの関連が一目瞭然となり中面への誘導が行なえます。もちろん左右の面の最下部には「詳細は中面をご覧ください」などのアクションコピーは必ず付けアクションデザインで処理します。

観音折りブローシャー中面
 

中面と表面のチェックポイント

POINT(5) 全中面
(5)のように中面を開くとたかなり大きな紙面となります。このスペースを活かしてブローシャーの最大のベネフィットを具体的に紹介します。
「見開き-左面」から「センター見開き-右面」まで3つの面で様々な表現ができます。スペースが大きいので「テスティモニアル」のコーナーを1面取ることもできます。また賞品やサービスの「保証書」をデザインしても効果的です。もちろん商品やサービスの特別キャンペーン価格や購入者に当たる「ロッタリー(クローズド懸賞)」の賞品をレイアウトする必要はあります。レイアウトは、賞品やサービスによって異なりますので、「左右のセンター」や「見開き-右面」にレイアウトしたり、迫力あるデザインとレイアウトで中面を飾ってください。
POINT(6) 全表紙面
(6)の表紙面を展開すると、オファーやキャッチ・コピーのある「表紙面」と右側にオファーやキャッチコピーなどとイメージ写真で訴求されている「見開き-左面」、さらに一番左に箇条書きにされたベネフィットがレイアウトされている「見開き-右面」がレイアウトされています。「ウラ表紙(表4)」にはブローシャー共通のはハウツーオーダーが「わかり易く、読みやすく」、アイコンと共にデザイン・レイアウトします。また申込み・購入につなげるための「お申し込みは、今すぐ、同封の申込書でお申し込みください」などの申し込みにつなげるアクションコピーは必ず表記します。その他「デッドライン」も忘れずに表記します。DMでは、封筒、レター、ブローシャー、申込書などすべてのコンポーネントを通した「ドラマタイゼーション」の演出が必要となります。「デッドライン」や「アクションコピー」も脇役ですが大変大きな役割です。


※レイアウト見本はパターンの一例ですので、参考にされている皆さまの独自のパターンを開発してみてください。