トップページ辞書 ポケ辞書機能レスポンス広告のツボ売れる広告の秘訣図解クリエイティブ・マニュアルレスポンス広告の現場DM 検定

 

 ポケ辞書機能

 スキルアップ講座別索引
レスポンス広告のツボ
売れる広告の秘訣
企画書づくり
クリエイティブマニュアル
ツボ検定
 五十音別索引
 要素別プランニング検索
 アプローチ別企画索引
 機能別テクニカル検索
 媒体別クリエイティブ検索
コンサルティングサービス
既存媒体の分析から新たな改善プランニングまでのご提案をいたします。
クリエイティブサービス
レスポンスを上げる各種媒体のクリエイティブをお手伝いいたします。
セミナー・研修サービス
初級から上級編まで、レベルに合わせてお選びいただけます。セミナー・講演実績も掲載しています。
サービス料金のご案内
上記3つのサポートサービスの料金概要一覧表です。参考にご確認ください。
クリエーター募集

お問い合わせ

ご意見やご質問など、お気軽にご連絡ください。

リンク/Link

有田 昇著「売れるDM指南」
東京商工会議所「ビジ伝」


 A4 3つ折りブローシャー・レイアウト見本

 ダイレクト検索機能により、本文中のブルーの専門用語クリックすると小窓(ブラウザウィンドウ)が現れ用語をダイレクトに調べることができます
 

折りとストーリー性のチェックポイント

POINT(1) 表紙のインパクト
A4サイズ3つ折りタイプは、定形封書DMで使用される一般的なブローシャーです。このタイプでほとんどの情報が整理され効果的なブローシャーを作ることができます。DMを受け取ったお客様は開封し、いきなりブローシャーを見る場合もあります。どちらかというと、レターは2色刷りの文字ばかりなのでカラーのブローシャーを最初に見始めるケースも見受けられます。表紙は、封筒と同様にオファーティーザーに関連するコピーが入ります。商品やサービスの拡大されたインパクトのあるイメージ写真も入ってきます。ここでも表紙の下には、「詳しくは中面をご覧ください」などのリードになるアクションコピーがあると自然に中を開くストーリーが作れます。
POINT(2) 見開きの左右の2面が現れます。
@左面(表紙のウラ面)には、商品やサービスの使用状況やベネフィット・イメージ画像、リードコピーなどが見えるようにレイアウトします。しかし実際のレイアウトは、中面をすべて開けた状態のセンター面とつなげたレイアウトをします。
A右面には、キャッチコピーやリードコピーなどの下に「ベネフィット」をしっかりと箇条書きにしてレイアウトします。角版の小さなカットやアイコンなどのイラストで補間としてレイアウトすると、非常にわかり易く表現できます。この左右の2面の目的は、表紙を開けた後、すぐに商品やサービスの魅力、またお客様の利益となる「ベネフィット」が一目でわかることです。
B見開きの右面を開けると中面がすべてが現れます。左面から右面にかけた商品やサービスの具体的なベネフィットと利用状況がしっかりと画像と一緒に説明します。
C右面の上半分にはオファーを強調したスペースをとり、下半分は、申込みや注文などの方法「ハウツーオーダー」をしっかりわかり易く表現します。
POINT(3) 中面
中面 で商品やサービス、またオファーや申込み方法が理解できた状態で、ウラをひっくり返すと、左面にはベネフィット面、また右面は表紙なので先ほどの展開ですでに見ている面となります。
Dそこで、センターの表4面(ウラ表紙)が初めて見る面となります。このスペースは、オファーやハウツーオーダーを中面ではなくレイアウトしたり、その他の商品ラインを掲載する場合もあります。また、会社の実績や本社・支店、時には世界地図などでワールドワイド企業イメージなど訴求することもあります。いずれにしても企業の実績や信頼性を掲載し訴求する場合もあります。
POINT(4) 縦型仕様のブローシャー
上記レイアウト見本は、横型左開けタイプですが、ブローシャーには縦型仕様もあります。このタイプは、下から開ける場合と上から開ける場合があり、横型と同じ展開となります。いずれにしても、「ドラマタイゼーション」によるストーリー展開が基本です。
POINT(5) 定形外封書DMのブローシャー
定形外封書DMの場合は、ブローシャーは3つ折りにはせずにそのまま封筒に入れますが、オモテ面からウラ面へのドラマタイゼーションは必要です。オモテ面に記載するオファーやキャッチコピー、またリードコピー、メインビジュアル、さらにウラ面へのアクションコピーなどでレイアウトし、ウラ面のハウツーオーダーへどこまでお客様の気持ちをつなげていけるかがポイントとなります。


※レイアウト見本はパターンの一例ですので、参考にされている皆さまの独自のパターンを開発してみてください。