トップページ辞書 ポケ辞書機能レスポンス広告のツボ売れる広告の秘訣図解クリエイティブ・マニュアルレスポンス広告の現場DM 検定

 

 ポケ辞書機能

 スキルアップ講座別索引
レスポンス広告のツボ
売れる広告の秘訣
企画書づくり
クリエイティブマニュアル
ツボ検定
 五十音別索引
 要素別プランニング検索
 アプローチ別企画索引
 機能別テクニカル検索
 媒体別クリエイティブ検索
コンサルティングサービス
既存媒体の分析から新たな改善プランニングまでのご提案をいたします。
クリエイティブサービス
レスポンスを上げる各種媒体のクリエイティブをお手伝いいたします。
セミナー・研修サービス
初級から上級編まで、レベルに合わせてお選びいただけます。セミナー・講演実績も掲載しています。
サービス料金のご案内
上記3つのサポートサービスの料金概要一覧表です。参考にご確認ください。
クリエーター募集

お問い合わせ

ご意見やご質問など、お気軽にご連絡ください。

リンク/Link

有田 昇著「売れるDM指南」
東京商工会議所「ビジ伝」


 ブローシャー(定形・定形外封書DM)レイアウト見本

 ダイレクト検索機能により、本文中のブルーの専門用語クリックすると小窓(ブラウザウィンドウ)が現れ用語をダイレクトに調べることができます
■ブローシャーの種類
  ブローシャーとは、ダイレクト・メール(DM)の専門用語で外封筒の中に入れる商品・サービスの詳細を記述したパンフレットをいいます。DM用ブローシャーと一般のパンフレットとは「少し」つくり方が異なります。ブローシャーでは、この「少し」が大切な要素となります。一般のパンフレットは、商品やーサービスの概要と詳細が整然とわかり易くデザイン・レイアウトされわかり易く説明する役割を持っていますが、ブローシャーは、商品・サービスを説明するだけでなく、購入や申し込みの意思決定をしていただくための機能も備えなければなりません。しかも封筒やレター、申込書などの他のコンポーネントと同様に単体としても重要な役割があります。ブローシャーの形態はさまざまですが、B5サイズ程度から大きいものになればA2サイズぐらいの大きなものや定形サイズの中トジタイプ、2つ折り中トジタイプなどもあります。商品やサービス内容、また予算にっても大きさは選ぶことができます。自社の商品・サービスにあった効果的なブローシャーサイズを何回かのクリエイティブ・テストで見つけだしてください。
■ブローシャーづくりの注意点
(1)「ドラマタイゼーション」/ストーリ展開
 最初のポイントは、ストーリー展開、すなわちブローシャーのパネル展開として「ドラマタイゼーション」が挙げられます。お客様がブローシャーをどのように開け、どの順序で見ていくかを想定し、購入や申し込みのアクションを起こしていただくプロセスが必要となります。そのためには表紙のオファー、キャッチコピー表現や次ページのベネフィット訴求、さらに商品・サービスの詳細、そして最後のハウツー・オーダーという流れを演出することになります。コピーライターは、商品・サービスを訴求するだけでなくパネル(各面)展開も十分に考慮した上でコピーライティングを進めなければなりません。ここが一般の広告物と異なるところです。
(2)「アイライン・モーション(目の動き)」/各ページの見方
 各ページを見る視線の動き「アイ・ライン・フロー(視動線)」は、レイアウトをする上で、非常に重要な要素です。上部にレイアウトしたキャッチフレーズからページ下にレイアウトされた商品価格、商品詳細へ自然に目の動きとして流れれていくような「見易いレイアウト」を目指す必要があります。Z型やN型モーションタイプなど具体的な例の一つです。雑然としたレイアウトで、しかも関連情報が右にあったり左にあったりしては、お客様の興味や欲求を減少させる原因にもなってしまいます。しかし、きれいに整然とレイアウトを下だけではアクションまで到達しません。「見易く、わかり易く」が必要なのです。
(3)「ビジュアル」/インパクトのある写真画像
  「ドラマタイゼーション」は、ブローシャーのパネル展開やコピーだけではありません。ビジュアルは、展開される「ドラマタイゼーション」の中で商品やサービスを視覚的に補間することとなります。特に表紙面で使われる写真画像やメイン画像などは、撮影時にはライティングに注意を払いシューティングをしなければなりません。また通信販売など物販のDMでは角版といわれる、部分カットなどが多くなり、撮影カット数は数えられないくらいになる場合もあります。徹夜作業も頻繁にしなければならない場合もありますが、立会いも楽しいものです。

 各種レイアウト見本とCheck Point


A3 3つ折り A4 観音折り A3 2つ折り 中トジ
※レイアウト見本はパターンの一例ですので、参考にされている皆さまの独自のパターンを開発してみてください。