トップページ辞書 ポケ辞書機能レスポンス広告のツボ売れる広告の秘訣図解クリエイティブ・マニュアルレスポンス広告の現場DM 検定

 

 ポケ辞書機能

 スキルアップ講座別索引
レスポンス広告のツボ
売れる広告の秘訣
企画書づくり
クリエイティブマニュアル
ツボ検定
 五十音別索引
 要素別プランニング検索
 アプローチ別企画索引
 機能別テクニカル検索
 媒体別クリエイティブ検索
コンサルティングサービス
既存媒体の分析から新たな改善プランニングまでのご提案をいたします。
クリエイティブサービス
レスポンスを上げる各種媒体のクリエイティブをお手伝いいたします。
セミナー・研修サービス
初級から上級編まで、レベルに合わせてお選びいただけます。セミナー・講演実績も掲載しています。
サービス料金のご案内
上記3つのサポートサービスの料金概要一覧表です。参考にご確認ください。
クリエーター募集

お問い合わせ

ご意見やご質問など、お気軽にご連絡ください。

リンク/Link

有田 昇著「売れるDM指南」
東京商工会議所「ビジ伝」


  ハガキDM

 ダイレクト検索機能により、本文中のブルーの専門用語クリックすると小窓(ブラウザウィンドウ)が現れ用語をダイレクトに調べることができます
■ハガキDMの種類
  ハガキの種類は数種類あります。1枚の表と裏の通常(官製)ハガキ。次に往復ハガキは、表面左に往信面、裏面左に返信面の表・裏4面になっています。それ以外に圧着ハガキなどがあります。これは、さまざまなタイプがあり予算や商品・サービスに合わせて使うことができる便利な形態です。例えば通常ハガキの圧着タイプは、クーポン券、割引券を一方に刷り込むことで来店促進にはとても効果的に使えます。また、往復はがきの圧着タイプでは圧着部分を開くと6面の大型DMとなります。B5サイズのリーフレットより多少小さいもののほぼ同じくらいの大きさになります。さらに6面圧着タイプもあり使い方はさまざまです。中には、お客様の住所・氏名部分の周りに切込みが入っていて圧着面を剥がすとその住所・氏名部分がそっくり抜けてカード状となり、会員カードとして使えるなどさまざまな面白い圧着ハガキもあります。
■ハガキDMの利用目的
  ハガキDMは主に、来店促進、資料(カタログ)請求、通信販売(会員・スリーパー)、アンケート調査などに多く使われます。

  ハガキDMの記載項目

 表面 注意点(広告面は送り先住所氏名のスペース以外を広告面として利用できます。)
     1)キャンペーンタイトル              2)オファー   
     3)ティーザー(もしくはキャッチコピー)    4)有効期限
     5)地図(裏面でもOK)  6)社名、屋号    7)連絡先(フリーダイヤル、フリーFAX、インターネット)

  裏面  1)キャンペーンタイトル            2)オファー
       3)キャッチコピー                4)ベネフィット   
       5)商品もしくはサービス            6)有効期限
       7)クーポン(必要であれば)         8)社名、屋号   
       9)地図(表面でもOK)            10)連絡先(フリーダイヤル、フリーFAX、インターネット・携帯電話など)  
  となります。
 注)上記告知内容は基本的な記載内容として列記いたしました。近年は郵便法の制約もあり、往復ハガキの場合には返信オモテ面には、広告表記ができない状況になっています。制作する場合は、料金受取人払いの局承認申請時に、必ず確認をとってから作業をされることをお勧めいたします。


  各種レイアウト見本とCheck Point

通常ハガキ 圧着往復ハガキ 6面圧着ハガキ APC,FUC
※レイアウト見本はパターンの一例ですので、参考にされている皆さまの独自のパターンを開発してみてください。